ある日突然V6に恋をした

春からJKとか信じらんない。同世代のV6ファンの人たちと合わないのが悩み

V6のよさとは?曲編

かっこいい曲から切ないバラード、少しふざけた曲など

V6の曲のジャンルは幅広いです。

かっこいい曲として真っ先にお勧めしたいのは

「READY?」のアルバムに入っている

「will」という曲です!

これを初めて聞いたとき本当に衝撃を受けました。

まずサビを全員で歌わないというのが珍しいと思います。

個人的には剛くんの歌いだしがとても好きです。

彼の甘い歌声がとてもこの曲にあっていると思います。

ダンスもキレキレで見とれてしまいます。

個人的に好きなのは一番が終わった間奏の

健くんがセンターになるところです。

 

そしてバラードでは「君が思い出す僕は君を愛しているだろうか」

を全力でお勧めしたいです!

V6は一人一人の声の性質が全く違うんですよね。

だからコーラスはとても素晴らしいコーラスを奏でると思います。

初めて聞いたときは「パート割りが不公平だな、、、」

と思ってしまいましたが(剛健はほぼコーラスしかありません)、

坂本君の伸びのある力強い声とイノッチ感情のこもったおだやかな歌声は

やっぱり素晴らしいし、剛健のコーラスもとても心地よいです。

長野君のふんわりとした優しい歌声、岡田君の力強いながらも聞きほれる歌声

V6の歌声はとても素晴らしい!!

やっぱりこのパート割りが一番いいなと納得しました!

 

健くんは特徴的な声をしています。

私自身、ファンになりたてで初めのうちは

誰がどのパートを歌っているのかソロパートでも

よくわからなかったのですが、健くんだけはよくわかりました。

私の母にも「健くんはすごい声してるね、、、」といわれてしまいますが

しかし私は健くんの歌声があるからこそ

「V6の歌声」が生まれるのだろうと思っています。

逆に全員のパートに健くんの声がなかったら

絶対なにかが足りない感じが生まれてしまうと思うんです!

 

長文になってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました!

 

よろしければこちら↓をぽちっと、、、

<iframesrc="https://blog.hatena.ne.jp/yakimotinokotae67/v6351.hatenadiary.jp/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>